自動車事故の原因からその対策方法を考えよう。

自動車事故の損害を請求する方法

自動車事故で最も多い原因と対策方法

自動車事故で最も多い原因は、安全不確認となっています。交差点の一時停止や見通しの悪い交差点などの手前で減速をして進入しても、安全確認が足りないことで、自動車事故が起きています。
事故の中には交通ルールを守らないで、事故になるケースも一部ありますが、大半はルールを守っていて事故になるケースです。自動車事故の原因で、安全不確認以外に脇見運転や運転操作ミスなどが、事故原因の上位を占めています。また、事故の被害者と加害者の年代別の人数は、双方高齢者の割合が高くなっています。
自動車事故を起こさない為に行う対策は、教習所でも習う、だろう運転やながら運転をしないことが大切です。だろう運転は、目の前の脇道から自転車が出てこないだろうなどの、自分の判断で安全確認を怠ることです。
ながら運転は、運転中の電話や携帯をいじりながらの運転、カーナビに集中しながらの運転などの運転をしながら、別のことに気をとられることです。
だろう運転やながら運転をしないように、心がけることで安全不確認や脇見などが原因による、自動車事故はかなり防げます。また、交差点での歩行者優先の徹底が大切で、ルールを守らないで歩行者より先に通過すると、安全確認があまくなり事故に繋がります。
MENU