高齢者の自動車事故を防ぐためにできる対策とは

自動車事故の損害を請求する方法

高齢者の自動車事故を防ぐために

毎日のように高齢者の自動車事故が報道されています。なぜ高齢者はこれほど事故を起こすのでしょうか。
まず第一には運動神経の低下があげられます。若い頃は、もしアクセルとブレーキを踏み間違えても、それと気づきブレーキを踏み直せます。ところが、年齢を重ねることによってそれが困難となり、アクセルを踏み続けてしますのです。MT車ならそんなことはありませんが、AT車では少しくらい運動能力が落ちても運転ができてしまいます。そのために、運動能力の低下に気づかず、いざというときに事故を起こしてしまうのでしょう。
そんな事故を防ぐには、運転免許証の返納と良く言われます。しかし、都会なら問題はありませんが、田舎では交通機関がありません。どんなに心配でも自分で運転して行くしかないのです。病院での自動車事故(アクセルとブレーキの踏み間違い)がいくつは報道されましたが、これが良い例です。どこか具合が悪くても、自分で車を運転して行かなくては病院にも行けないのです。
しかし、交通機関がないから自動車事故のリスクがあっても運転して良いという物ではありません。もちろん、自治体もなにかの方法を考えて欲しいものですが、まずは自分の身は自分で守ることです。少しでも不安があったら運転はしないようにしましょう。そして、普段から運転ができなくなった場合の代替方法を考えておくべきです。例えば、買い物なら便利屋を使うとか、可能ならタクシーを使うとかです。この問題は、一人一人がもう少し真剣に考えるべきでしょう。
MENU